なぜ不登校になるのか

なぜ不登校や中退をするのか

なぜ不登校や中退をするのか不登校の生徒の数は年々上昇し、今では大きな社会問題となっています。 今では小学校でも不登校生が増加し、不登校の低年齢化が進んでいます。 では、なぜ不登校や中退する人が増えているのでしょうか?

まず、大きな理由に戦後日本の画一化主義と結果主義がもっともな原因にあるとされています。 学校教育では日本を再建しなおすため、団体行動と統率を主に教育していました。 そこでは、個人の意見よりも多数決が採用され、人と価値観が違うと集団から排除する傾向がでてきました。 まずここで、いじめの原型ができたともいわれています。

また学校ではテストという評価制度を採用し、個人に点数をつけて順位付けする方式で評価する流れとなりました。点数で評価してしまうと、個人の意見や性格は点数が付けられないため評価できず、勉強ができる子だけが評価されるようになりました。 この点数での評価が元で自尊心を傷つけられる生徒が続出し、学内の人間関係でも奇妙な序列がうまれました。スポーツが盛んな学校や部活動でも競争主義が芽生え、結果がうまく出せなかった子供が集団に入りにくくなる傾向も強まりました。

また、スポーツ校以外にも、進学校や一般校でも不登校生が発生しています。各生徒によって、不登校になる理由は違ってきますが、進学校に通われている生徒さんの場合、優秀な生徒が周りに多いため、プライドが傷つき、またそこで自分を追い込み、不登校になるケースが多いのが特徴的です。 また一般校に通われている生徒さんの場合は、勉学の面もそうですが、友人とのトラブルや学校環境に適応できないなどの理由で不登校になるケースが多いのが特徴的です。

上記のように、現代では本当にたくさんの子供たちが各々の理由で心と葛藤し、不登校になっています。 また最近では、現代のような不景気に、大企業がたくさん倒産する事をニュースなどで知った子供たちが、 「無理をしてつまらない勉強をしても、将来が報われるとはかぎらない」という思考が子供たちの根底に根付いています。 その結果、極端な学習意欲の低下が生徒に現れています。

不登校の生徒や中退してしまった生徒の厳しい現状

不登校の生徒や中退してしまった生徒の厳しい現状学校に行けなくなった生徒が、もう一度新たな環境でやり直したいと思っても、厳しい現状が待ち受けています。 高校生は全日制の学校への編入は入学条件が厳しく、なかなか希望通りの学校へ編入できません。 もちろん、中学生の場合は、義務教育であるため本人が望めば他の公立校へ編入することができます。 しかし編入した新しい学校でも多くの不登校生が、以前とほぼ同じ環境に身を置くこととなり、再び学校に通えなくなってしまうケースが多いようです。 また、最近は私立高校から公立高校への編入や公立高校から私立高校への編入が特に難しくなっていて、この点が高校中退者を増やす原因にもなっているようです。

文部科学省が不登校の中学・高校生へ平成18年に行ったアンケートでの設問3-4で、「将来このままでいいと思いますか?」という問に対し、「どこかで変わらないといけない」を選んだ人が86%に達しています。 ですので、不登校生であっても、どこかで新しいスタートを望んでいる傾向にあります。

しかし、先ほどもお話ししたように新しいスタートは現実的に厳しいのが現状です。 また、中学生でも高校生でも低いハードルで新たなスタートを切れる学校があります。 それは、通信制や単位制の学校です。 しかし、通信制や単位制の学校は、大学への進学や就職する際はやはり不利になります。 大学も企業も、やはり全日制の学校に通った生徒を評価する傾向があるためです。 特に、昨今の就職氷河期では、顕著にこの傾向が表れています。

だからこそニュージーランドに目を向けてほしい

では、不登校生や中退生が新たなスタートを望んだ場合、やはり絶望的なのでしょうか? 実はそうではありません。 しかし、日本国内では先ほども話したように難しいのは間違いありません。 ですので、もう少し視野を広げて海外へ目を向けてほしいのです。 そして留学も選択肢の一つだということを知ってもらいたいのです。

近年、日本では未成年でもニュージーランドへ留学する人が増えてきています。 しかし、留学はしっかり学校に通っている人だけがもっている権利ではありません。 不登校の生徒や中退された生徒にも大きく門徒を開いてくれている学校がニュージーランドにたくさんあります。 これは私たちが長年、不登校生や中退生の留学サポートを行ってきて、実際に多くの生徒がしっかりと卒業できていることを評価してもらっているということでもあります。 そういう学校も進学先の一つに入れていれていただいてもいいのではないのでしょうか?

海外の高校はもちろん全日制なので、卒業すれば日本の高校卒業者と同等の資格をもらえますし、 日本の高校卒業者よりも大学や企業に高く評価されます。 現に私たちの去年の卒業生で、2年の留学を終えて関西学院大学に進学した人もいますし、3年の留学を終えてオーストラリアのメルボルン大学に進学された方もいます。 また何もこの2人が特別なわけではありません。 その他の皆様もニュージーランドの高校卒業後に、色々な進路を実現しています。 (ぜひ、進路編のページをお読みください。進路編のページでは詳しく大学への進学方法などを解説し、より2人が決して特別ではないことを理解して頂けると思います。)

こんな風にお話しすると「不登校や中退してるのにニュージーランドで進学しても大丈夫?」と思われる方もおられるでしょう。 正直に申しますと、不登校生や中退生は一般生と同じように留学しても失敗する可能性が高いのは否めません。 なぜならば、不登校生や中退生は一度不登校や中退を経験することで、自信を失っている可能性があったり、色々な心の病を患っている場合が多いからです。 そこで、私たちはしっかりと子供の目線、ペースに合わせながら留学を実現できるようにいくつかのサポートをしております。

それでは、次のページからはしっかり「留学」というものに的を絞ったお話をさせていただきます。

  • ニュージーランド 不登校 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学