ニュージーランドの教育

ニュージーランドの教育

ニュージーランドの教育について日本とはまったく違う国にいくということは、日本とは全く違う教育制度のもとで勉強するということ。 そして留学を考えた時によく耳にする「卒業資格」。この卒業資格は少しややこしい話になるのですが理解しておいて損はないはずです。

まず、日本の中学や高校を卒業するのとどう違うのか?
基本的にはほぼ同じです。卒業する時には卒業証書も貰えますし、 日本でも中学や高校卒業資格と同等の扱いを受けます。 ニュージーランドの教育はよく理解してみると、 学生の個性を重視した「学生本位」の制度であり、 本当に学びたい意識をもった留学生にとってはメリットが非常に大きいのです。

義務教育ですが、日本は6歳から15歳までですがニュージーランドは5歳から17歳までです。 そして日本は毎年4月に、同級生が一斉に入学しますが、ニュージーランドは満5歳の誕生日の翌日から小学校に入学します。 基本的に、5~12歳まで(日本の中学1年生まで)が初等教育期間で、 日本でいう小学校で勉強しています。ニュージーランドの学年は5歳のYEAR1から始まり、高校卒業までのYear13まであります。

小学校の期間はYEAR1~8で、プライマリースクールと呼ばれています。 そして、YEAR9~10の2年間をインターミディエイト・スクール(中学校)で学び、 YEAR11~13の3年間を、日本の高校であるセカンダリー・スクールで学ぶのが一般的なコースです。

義務教育は、通常YEAR12の時点で修了します。
ただし、現在はほとんどの人たちが高校を卒業するまで在校しています。

  • ニュージーランド 不登校 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学