学校の授業について

現地の授業形態

ニュージーランドでの学校の授業について日本での中高生の授業は、教師が黒板に板書し、それを書き写す“詰め込み型”の授業が一般的です。しかし、ニュージーランドの授業は、生徒が主役となり生徒が授業を進める方針です。解りやすい例として、家庭科の授業があります。日本では編み方や縫い方の説明を受け、全員で一緒に行うのが多いですが、ニュージーランドでは、針と糸を生徒に配り、1学期中に一つ作品を作りましょうという授業になります。編み方や縫い方を知らない生徒は、積極的に質問する為、それが積極性や意欲を高める成長へと繋がります。
留学当初は、授業についていけない事や方針に戸惑うかもしれませんが、まずは「質問する」という事を目標にしましょう。

英語集中コース / ESOL ⇒ 英語が話せなくても安心!

ニュージーランドでは、ESOL(English for Speakers of Other Languages)と呼ばれる英語を母国語としない留学生の為の英語集中コースがあります。現地校に進学後、このESOLを受ける事で、現地で「生きた英語」を学び英語力を身につける事が出来ます。ESOLは一つの単位ですので英語が身に付くまでは、留学達はこの授業を受ける事になります。

選択科目

日本では、選択科目という言葉は知っていても実際に行っているという方は少ないと思います。ニュージーランドでは、主にこの選択科目が主流となります。学年が上がれば選択出来る科目数も増え、単位も多くなり、高校3年生では約90%が選択科目となります。
選択科目で迷わない為の準備として下記を参考にして下さい。


(1)留学の目的:現地高校を卒業 卒業後の進路:決めていない
(2)留学の目的:現地高校を卒業 卒業後の進路:日本の大学・短大・専門学校に進学
(3)留学の目的:現地高校を卒業 卒業後の進路:海外の大学・短大・専門学校に進学

(1)の方は、高校卒業前には進路は決まっていると思いますが、高校3年生の新学期にはまだ決まっていないと思います。こういう場合は、日本と同じような主教科や点数の取りやすい科目を選択し、成績を維持する事を心掛けて下さい。数学や音楽、美術など英語力であまり差が出ない科目を選んでおきましょう。

(2)の方は、主に日本の大学を視野に入れた科目を選択して下さい。日本の大学では、成績を重んじます。良い成績が取れる科目を選ぶのが良いでしょう。大半の方は、自分の得意科目を選択する事になります。帰国子女枠受験を視野に入れている方も同様です。

(3)の方は、進みたい分野・学科などを必ず決めておきましょう。それにより選択する科目が決まります。現地校には、留学生の為のカウンセラーが常駐しています。留学生担当のカウンセラーや弊社現地スタッフとよく相談しながら選択科目を決めて下さい。

  • ニュージーランド 不登校 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学