よくある質問(Q&A) – 留学について

留学について

  • Q23:不登校でも留学できますか?

    可能です。
    なお弊社ExElevenでは、不登校経験を持つ学生さんのサポートは専属スタッフが行います。
    くわしくは、不登校や中退者専門の留学をご紹介しているExElevenのページをご覧下さい。
    現在の状況詳細などを教えて頂きますと、より詳しい助言もさせて頂けると思います。
    日本での不登校の時期や期間、内容にもよりますが、不登校により各教科の基礎学力がついていない場合でも留学は可能です。
    英語の基礎が付いていない場合は、オンライン英語サポートと高校進学準備コースを組み合わせることにより、留学する英語も身に付けて頂けます。
    また、不登校だが基礎学力のある学生さんは、後は英語だけですので、高校進学準備コースを受講してから、現地校に通われることをオススメします。

  • Q24:留学期間はどのくらいがベストでしょうか?

    特に留学の期間がどれくらいがベストというものはありません。
    ただし、留学後の進路として日本で帰国子女枠入試を受験される方ならば、1年から2年がベストです。
    日本の大学は、大学によって最低留学期間は異なりますので、志望校によって留学する期間を決めていくのがいいでしょう。
    それ以外の方は特に留学期間などは気にする必要はありませんが、英語を習得するということを考えると最低1年はほしいところです。
    また、どのくらいの期間というものではありませんが、留学は若ければ若いほどいいというのは黄金則でもあります。
    中学1年生と高校3年生ではやっぱり語学の習得率が違ってきますので、いつ留学するかは各々の判断と保護者の意見などをよく話し合い、決めて行きましょう。

  • Q25:ニュージーランドへの送金はどのようにすればいいですか?

    A: 日本からニュージーランドへ送金する場合、基本的にどこの銀行でも取り扱っていますので、お近くの銀行の窓口で、海外送金したい旨を伝えてください。
    すると、海外送金お申込フォームのようなものを渡されますので、そちらを記入するだけで、1週間後ぐらいには、ニュージーランドに送金されています。
    注意していただきたいのは、日本で円をニュージーランドドルに換金するよりもニュージーランドで円をニュージーランドドルに換金するほうがレートが良いので、出発後すぐに必要な金額10万~20万は、日本で両替してきて持参するのではなく、ニュージーランドに円のまま持参し、こちらで両替しましょう。
    留学後すぐに留学者本人の銀行口座を開設いたしますので、銀行口座開設後の送金は日本の銀行からその本人の口座に直接送金してください。

  • Q26:途中で帰国してしまったら返金はありますか?

    A: 帰国する原因によりますし、学校によっても返金基準にばらつきもありますが、主に次の基準が平均だと思います。
    帰国する原因が生徒本人の生活の怠惰や法的にかかわる罪を起こした場合は、ほぼ100%は返金はありません。
    個人の事情(国外での手術や親の離婚など)ならば、返金される学校とされない学校が出てきます。
    もし、返金される場合、帰国が決まった学期を除いた分の学費とホームステイ代が返金対象となる場合がほとんどです。
    申し込み後、授業料を支払ったが、入学する3日前までにキャンセルした場合は、返金額は少し減りますが、ほぼ100%返金されます。
    返金額の詳細は各学校ページにも詳しく記載しておりますので、学校紹介ページよりご確認ください。

  • Q27:留学するには何が必要ですか?

    弊社ExElevenから正式申込の場合、以下のものを基準としています。
    ●日本在籍校での過去2年間の成績証明書(高校進学準備コースに行かれる方は必要なし)
    ●英語力証明(高校進学準備コースに行かれる方は必要なし)
    ●日本の校長先生または担任の先生、英語担当の先生からの推薦状
    ※不登校のために、必要書類が揃えられない場合は、「高校進学準備コース」で各書類を準備できます。
    しかし、これは高校進学準備コース中の成績や出席状況、授業や生活態度が良い場合に限ります。
    この場合は少なくとも2,3ヶ月以上語学学校で就業することをお勧めします。
    ※全て英文での提出が必要ですが、ご用意できない場合は日本語でも結構です。
    その場合はこちらで翻訳をいたしますが、翻訳料金は別料金となりますのでご了承下さい。

  • Q28:いつ頃手続きを始めれば良いですか?

    A: 高校進学準備コースは毎週入学可能で、現地高校の新学期は2月からスタートです(4学期のいずれからも入学可能)。
    高校入学後の授業の理解や友人を作る上で、学生さんの負担・ストレスを軽減する目的から、弊社ExElevenでは高校入学前に高校進学準備コースをお勧めしております。
    その為、ご希望の高校入学時期の半年~1年前を目安にExElevenへまずはお問い合わせ下さい。

    <基本スケジュール>
    高校入学1年前:  お問い合せ/カウンセリング開始
    高校入学6ヶ月前: 正式申し込み(語学学校+高校)/ビザ申請開始
    高校入学3ヶ月前: 語学学校入学
    高校入学:     語学学校を卒業後に高校入学開始
    ※お申込時期が遅ければ遅い程、ホームステイの決定やご連絡が遅くなるとともに、各手続き上で、学生さんや保護者様のご協力や早急な対応をお願いすることが多くなります。
    ※人気のある現地高校は、前年度の9月末には受付を閉め切ります。
    遅くとも半年前迄には、ExElevenへお申し込みの意思をお知らせ下さい。

  • Q29:日本での成績が悪いのですが、大丈夫ですか?

    日本の在籍校での成績は現地高校側が入学審査をする上で、必ずチェックする項目です。
    しかしその成績がすべてではありません。
    事前に高校進学準備コースに通われることで、留学に対する意欲を示し、成績が悪くても入学することが可能です。
    現地高校の授業はもちろん全て英語で行われますので、各教科で使われる英語を学び、また各教科の復習をされて総合基礎力を高めることが重要です。
    日本の成績の良し悪しではなく、高校進学準備コースでどんなにがんばるかが重要になってくるのです。

  • Q30:留学には保護者代理が必要と聞いたのですが?

    ニュージーランドの法律により、18歳迄の学生は一人で留学することは出来ません。
    一緒に生活できる保護者(親または日本で親代わりの方)が同行する必要が有ります。
    11歳~18歳までの学生は、教育省に許可を得ている学校であれば単独留学が可能ですが、学校(語学学校、現地高校ともに)独自の規定により、現地の保護者代理(ガーディアン)を必須としている場合がほとんどです。
    安全面や生活面、学習面でも現地の保護者代理はご用意された方がよいでしょう。
    弊社ExElevenの現地サポートでは保護者代理人(ガーディアン)と現地のサポートを組み合わせたサポートを留学生に提供しています。
    詳しくは留学生活サポートのページをご覧下さい。

    <ガーディアンの定義>
    ガーディアンは日本の保護者様の代理となり、現地でのいろいろな場面においての決定権を持ちます。
    警察や裁判所などの司法関係や、病院での手術などの時に、保護者の承諾と署名が必要な場合があります。
    そのような場合に日本の保護者様に代わって判断、行動する権利を有します。

  • Q31:一年中いつでも留学可能ですか?

    A: 一般的には、第1学期(2月初旬から)、第2学期(4月下旬から)、第3学期(7月中旬から)の入学はほとんどの学校で可能ですが、第4学期(10月上旬)からの入学はほとんどの学校で許可されていません。
    そのため、10月あたりに留学予定の方は、翌年2月から現地の学校に入学するようにオススメしています。
    また、弊社ExElevenでは、現地校入学前に、「高校進学準備コース」で英語研修されることを推奨しております。
    直接現地校に通われると、授業を理解できない可能性が高いからです。
    この高校進学準備コースには2~3ヶ月を目安に通われるのがいいのではないかと思いますので、現地校の入学時期に2~3ヶ月の高校進学準備コースの期間を加味して、予定を立てて頂ければと思います。

  • Q32:何歳から一人で留学できますか?

    具体的にいうと、ニュージーランドの法律では14歳から親もしくは保護者なしで単身留学できます。
    14歳より若い方は、保護者の同伴または現地で保護者代理人を立てないといけません。
    しかし、法律上ではこうなっていますが、学校の校則は少し違ってきます。
    学校にもよりますがほとんどの学校では、学校規定により現地にガーディアン(保護者代理)がいることを入学の条件としています。
    また、あまり若い頃(小学生ぐらい)からの留学は、日本の基礎学力が未熟なため、あまりお勧めしていません。
    適切な年齢と学力を考慮の上、留学時期を決定して下さい。

  • Q33:日本の夏休み時期のサマースクールはありますか?

    A. もちろん、日本の夏休みに合わせて、ニュージーランドの語学学校が夏休み用のプログラムを提供しています。
    夏休み留学の特徴は、英語も学べるし、授業の中にアクティビティーも含まれているので、楽しんで勉強できるということです。
    夏休み留学は内容も充実しているし安価なので、留学を体験してみたい方にぴったりです。
    夏休み留学はしっかりサポートをするため、人数に制限がありますので、お早めにお申し込みください。
    詳しくは「夏休み留学」のページで

  • Q34:高校や大学への進学はできますか?

    A. もちろん可能です。
    高校の場合、入学時の語学力次第で選択教科の違いはありますが、誰でも入学できます。
    高校進学、ポリテクニック(専門学校)、国立大学など将来的に他の学校への進学を考えている人は、その方面に進みやすい語学学校の準備コースに入学するほうが良いでしょう。
    たとえばポリテクニックで他の専門分野に進学し手に職を付けたい人は、そのポリテクニックの英語学部に入学すると進学しやすいですし、大学に進学したい人は大学付属の英語学校に入学すると良いでしょう。
    大学進学にはだいたいIELTS(アカデミック)で6.0~6.5以上の英語力が必要です。
    これは普通の日本の方が約1年間英語学校でまじめに勉強して取れるかどうかの英語力です。
    高校をニュージーランドで卒業した方はこのぐらいのレベルに達している場合が多いです。

  • Q35:学費の分割払いはできますか?

    A. 残念ながら、語学学校でも中学や高校でも学費の分割払いを受け付けている学校はありません。
    すべて一括払いとなります。
    もちろんその他ホームステイ代などもお申し込みされた期間だけの費用は一括払いとなりますのでご了承下さい。
    また、学生ビザが必要な方は、学校に申し込まれた期間だけがビザ発給されます。
    1年一括払いですが、途中解約時には返金があります。
    返金制度は、各学校によって異なりますので、「学校紹介ページ」の各学校の内容を確認してください。

  • ニュージーランド 不登校 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学