よくある質問(Q&A) – ホームステイについて

ホームステイについて

  • Q36:ホームステイにお土産は必要ですか?

    A. 基本的にはこちらにはお土産という習慣はあまりありませんから、持参されなくてもかまいません。
    またほとんどのホームステイは今までに日本人学生を受け入れたことがあるステイ先です。
    ですか伝統的な日本のお土産(扇子や折り紙など)をすでにたくさん持っている家庭もあります。
    そのような場合は、ちょっとした日本のお菓子などでも良いでしょう。
    また、子供のいる家庭は日本の文房具や、おもちゃ付きのお菓子なども喜ばれます。
    荷物に空きがあれば持って行く程度でいいでしょう。

  • Q37:ホームステイに関するリクエストはできますか?

    A. 当社へお申し込み頂く際に、ペットの有無、子どもの有無、家族構成の希望、アレルギーの有無などの基本的なリクエストをご記入頂き、手配する学校へ連絡致します。
    必ずしも希望通りになるとは限りませんが、なるべく希望に近いホストファミリー宅に滞在できるよう、学校のホームステイコーディネータが手配を進めることになります。

    ※注意事項
    アレルギーによるペットなしのご希望、宗教上または健康上のリクエスト(ベジタリアン家庭など)は最優先されます。
    その他のリクエストは、必ずしもご希望通りになるとは限りません。
    ホストファミリーの国籍や人種などを指定することは、現地法律により人種差別となりますので出来ません。
    インターネットを接続できる家庭や学校から近い家庭というリクエストは、あまりに多いご希望に当たるため、特別なリクエストとして受け入れられません。

  • Q38:寮の滞在は可能ですか?

    A. 語学学校、現地高校とも、海外留学生の為の寮を完備している学校は非常に少ないのが現状ですし、ホームステイを義務づけている学校もあります。
    ですので基本的にはホームステイをご選択ください。

  • Q39:シャワーが10分以内というのは本当ですか?

    A. シャワー使用は10分以内をお願いしています。
    なぜなら、ニュージーランドでは各家庭にお湯を貯めるタンクがあり、お湯は電気を利用して沸かすため、1人目がお湯を使いきってしまうと、次の人がお湯を使用できるまで時間がかかってしまうからです。
    後の人のことを考えて、お湯はできるだけ節約するようにしましょう。
    特に、日本人はシャワーが長いといわれています。気をつけてください。

  • Q40:ホームステイには何を持って行けば良いですか?

    A. 基本的には通常の旅行の長期版と思って用意して頂ければ良いかと思います。
    特に洗面道具(シャンプーやタオル、歯磨き粉等)などの個人的な物は、長期・短期の滞在に関わらず必要です。
    ステイ先の家庭によっては、家族と同じ物を使用しても構わないと言う場合もありますが、やはり個人的な物はご自分の物を用意してください。
    勿論、現地でも購入は可能です。
    また、歯ブラシは日本製のほうが質がいいので、持って行くのをお勧めします。
    その他、男性の方はシェーバー、女性の方ですとヘアードライヤー等の電化製品は各自で用意して下さい。
    特に、デンキシェーバーは、日本でしか手に入りません。
    ただし、日本から持参する場合は電圧が異なりますのでご注意下さい(ユニバーサル対応の物は大丈夫です)
    その他、ホームステイについては「ホームステイでは」のページをご参照下さい。

  • Q41:お肉が食べられないのですが。

    A. 食事でどうしても食べられないものがありましたら、事前に伝えておいて下さい。
    申し込み時にホームステイの希望をお聞きしますのですので、その時に教えて頂けると助かりますし、弊社から事前にホームステイにもお伝えしておきます。
    また全く食べられないのか、アレルギーなのか、それともただ単に好きではないのかも詳しくご連絡下さい。
    基本的な食事は主に肉料理です。
    そして家庭によっては、肉類が頻繁に出る場合があります。
    また、食事の量があなたにとって多すぎる場合もあります。
    その際には家庭の方に前もって家庭の方に言っておいたほうがよいでしょう。

  • Q42:ペットアレルギーがあるのですが。

    A. ニュージーランドの家庭は日本のように犬やねこを飼っている家庭が比較的多いです。
    もし、犬や猫にアレルギーがある方は必ずお申し込み時に出来るだけ詳しくご連絡下さい。
    通常、アレルギーのある動物がいる家庭を手配することはございません。
    また、家庭内で動物を飼っている家庭の場合、ノミなどがいる場合があり、そのノミにさされる日本の学生さんも多くいます。
    念のため、虫さされ用の薬も持参するとよいでしょう。
    その際にはすぐに家庭の方、ホームステイコーディネーターに連絡しましょう。

  • Q43:ホームステイが合わない場合はどうなりますか?

    A. 通常、ホームステイが合わない場合は、ホームステイコーディネーターと家庭と学生で、問題について話し合いがもたれます。
    それでもどうしても解決しない場合は、ホームステイの変更となります。
    その際は、学校のホームステイコーディネーターが新たなホームステイを手配いたします。
    また、学校はフラットの滞在は認めていない場合が多いです。
    弊社からフラットのご紹介もしていませんので、ご了承ください。
    また、ホームステイ変更の際、人種差別的な理由での変更は通常認めておりません。

  • Q44:歩いていけるホームステイ先が良いのですが。

    A. 通常、高校進学準備コースを受講する際のホームステイを手配する場合、歩いていけるホームステイというのは、ほとんどありません。
    通常は、バスで30~40分程度の通学時間が普通です。
    また、現地校に通っている際は、徒歩で通学できるステイ先に当たる場合もあります。
    しかし、歩いて行けるホームステイはかなり少数になるので、当たればラッキーという感覚でいてほしいと思います。

  • Q45:手紙は事前に書いた方がよいでしょうか?

    A. 出発までに時間があるようでしたら、手紙やメールを出しても構いません。
    しかし、手紙は届くまで2~3週間かかりますので、かなり事前に出しておかないと、到着して何日か経った後に着くこともあります。
    手紙では自分の自己紹介や写真などを出すと良いでしょう。
    また手紙を出しても返事がこない場合があります。
    返事が来なくても、がっかりしてはいけません。
    中には忙しい方もいますし、海外に手紙を出した経験の無い方もいます。
    ほとんどの方は海外に手紙を出した経験が無い方ですので、書き方が分からないというのが現状です。
    またただ単に受け取っても出さないだけかもしれません。
    「返事が無いから悪い人」という訳ではありませんので、その点を十分理解した上でメールを出して下さい。

  • Q46:プライベートな部屋が欲しいのですが。

    A. ご安心ください。
    基本的にホームステイ先ではあなた個人の部屋が割り当てられます。
    また、勉強に必要なベット、机、デスクライトは必ずあります。
    ニュージーランドの習慣ですが、お昼や部屋にいないときなどはドアを開けているのが普通です。
    空気の入れ換え、部屋にいないことの確認の意味もあります。
    もちろん夜はきちんと自分の部屋を締めて寝ます。

  • Q47:会話ができるかどうか不安です。

    A. ホームステイ先に入って、すぐに会話ができることはまずありません。
    ホームステイファミリーもそのことは承知の上であなたを受け入れています。
    ですので、もしホストファミリーが何かをあなたに伝えようとしたら、分からないときには「分からない」という意思表示をしましょう。
    「?」という態度を取っていると、分からないのか、分かっているのかが相手には分かりません。
    ですから、必ず「もう一度言って下さい」と伝えましょう。

    また、言葉は分からなくても、意思は通じます。
    紙にかいたり、ボディーランゲージでも意思は通じます。
    要は「伝えようとする意思」が必要です。
    「分からないからもういいや」という態度ですと、相手も「興味がなさそう」と思って話しをしてくれません。
    これは万国共通ですね。
    まずは、明るく、元気にはきはきと、片言の英語で話しを始めて下さい。
    そのうち分かるようになります。

  • ニュージーランド 不登校 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学