保護者の皆様へ

保護者の皆様へ

各ページで紹介したように、不登校の方にとってニュージーランドへの留学にはたくさんのメリットがあります。 しかし、もっと大事なことは、日本を離れニュージーランドに一人で留学することで、日本では体験できなかった感動、友達付き合い、 そして苦難をともなう生活を通じて、自立し、自分で解決する力が養われていくということでしょう。世界で多民族国家として知られているニュージーランドは、子供たちにとって幅広い視野を得るのに最適の地といえます。自立心や問題解決能力に加え、そうした環境 で育つことは、グローバル化が進むこれからの時代を自らの力で考え、生きる上で大きな糧となるはずです。

保護者の10の心得

留学する上で、守ってほしいことがたくさんあります。 親として子供と話しておいてほしいことや、両親の意見を一致させておくことなどがそうです。 下記に親としての10の心得を記載しておきます。 ぜひ留学を相談するにあたって、保護者の方も理解しておいてください。

    心得1. 子供の納得と覚悟が第一条件

    心得2. 親と子で話し合いをすること

    心得3. 父親と母親が共通認識を持つ

    心得4. 親も留学を通して上手に子離れする覚悟を

    心得5. 留学機関と信頼関係を築く努力を

    心得6. 人としての礼儀を親子で再確認する

    心得7. 日本の学校での勉強を留学出発まで怠らない

    心得8. ホームシックは一時的なもの、連絡があれば話を聞いてやる

    心得9. 留学中の子供へのアドバイスは慎重に

    心得10. 自立のチャンスを迎えた子供をしっかりと見守る

  • ニュージーランド 不登校 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 不登校 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 不登校 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学